男の恋心をさめさせないために

プロポーズを決めたみんなの体験談

日常的な生活の中でプロポーズしました。
何か特別なことではなく、本当に自然に一緒になってくれないかと告げただけです。
逆にこれがよかったのかもしれません。
素直に受け入れてくれました。


ロマンのあるシチュエーションを考え、高層ビルの最上階にあるレストランでプロポーズしました。
その場に花屋さんに依頼し、バラの花束を持ってきてもらったのです。
くさい演出だったかもしれません。
ですが、プロポーズはそれぐらいが必要だと思いました。
おかげで二人のいい思い出になっています。


二人でいつものレストランで食事していました。
普段と変わらない食事だったのですが、そこのオーナーに貸し切りになるよう頼んでおいたのです。
彼女も珍しく人がいないと思っていたようですが、そんな日もあるのが飲食店だろうと不思議に思っていなかったようでした。
実はオーナーに頼んでいたのは貸し切りだけではありません。
合図に合わせて電源を落としてもらい、スポットライトをつけてもらったのです。
そのまま彼女の顔を見ながら、指輪を取り出しプロポーズしました。
彼女は状況に戸惑っていましたが、だんだんと状況が理解できたようで、涙を流しながらOKしてくれたのです。
たぶん、一生忘れることはない場面になったと思います。
それほどプロポーズは重要な意味を持つので、これぐらいはしてよかったでしょう。。

プロポーズしてきました!
指輪受け取ってくれまた!!!嬉し泣き
膝ついて渡したんだけど彼女どうしたらいいかわからないし、嬉しすぎて大泣きしちゃったらしい
 

— ぽんこつん@美容アドバイザー (@mmw_sk) August 27, 2021

男の恋心がさめるポイント プロポーズを決めたみんなの体験談 恋愛感情は何年もつ?